親子でお料理

今日は待ちに待った3年生の親子活動。

先々週くらいから担任の先生との打ち合わせや、当日の準備(準備はほとんど先生にやって頂きましたが・・・)などで慌ただしい日々。そして、当日はもう一人の役員さんと役員以外の保護者の方から お米研ぎ、炊飯、お茶の用意、使用する道具の準備、等々開始の時間までにテキパキと動いていただき大変助かりました。
今回のテーマはここ上越市板倉区にある「板倉の宝物」。その中でも地元になじみのある「ゑしんとうふ」と「押し寿司」を親子で作ってみようと企画しました。

 

 

最初は「ゑしん豆腐(おぼろ豆腐)」から。

1.まずは豆乳を鍋で温めて75℃位になったら火を止めます。
2.計っておいた「にがり」をその中に入れて混ぜ、そのまま自然に冷やせばあっという間におぼろ豆腐の出来上がり!
これなら簡単に家庭でも作ることが出来そうですね。
子供達が楽しそうに作っている姿がとっても印象的でした。

 

 

 

次に作ったのは「押し寿司」です。こちらは少し難しいので、講師の方からいろいろと手伝ってもらいました。酢飯作りから具材までは事前に準備していただき、子供達は型に笹の葉と酢飯と具材を並べるだけでした。限られた時間の中で子供達は真剣に作業を行っていて、真面目な一面を見れることも出来ました。

 

 

ほとんどの事を子供達だけで行い、そばにいた保護者たちは軽く手伝う程度だけだったことが、すばらしかったなぁと感じましたね(^O^)。

 

さてさて、なんやかんやで出来上がったものは、もちろん試食!(この瞬間を待ってました^^)

 

 

担任の先生を交えて親子共々食べた今日のお昼ご飯は最高に美味しかったはずではないでしょうか。
食事中は他の保護者の方から色んな感想や普段の食事の様子などを聞けてこちらも大変勉強になりました。

 

終わった後の片付けも子供達の手際の良さに驚きつつ、今回のイベントは無事に終了です。
(学校では何でも出来るのに、我が子の家庭でのグウタラっぷりに呆れちゃうのはうちだけなのかなぁ。)

またこういうイベントがある時には積極的に参加していこうと思います。

 

(写真に写ってる子供達、マスクしてるから誰だか分かりませんよねぇ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中